携帯写真館
その3
フェラーリ248 F1 ロータス97T等

スタジオ27の1/20 フェラーリ248F1。
シューマッハ最後のマシン。
エンジンブローにより
8度目のタイトルへの野望が潰えた
2006年の日本GP仕様です。
2007年4月頃完成。
画質悪っ…。
この頃になると色々とディテールアップの
やり方が解ってきて金属パーツや
カーボンデカールをかなり効果的に
使っています。
また、キットのプロポーションを
少しいじったりも出来るようになりました。
エッジを薄く削りこんだり
インダクションポッドを深彫りしたり
しています。
フロントウィングのアッパーエレメントの
取り付け位置も変更しています。
赤はフィニッシャーズの
フォーミュラレッドです。
オレンジ下地に赤塗ってます。
しかしサイドポッドのボーダフォンの
デカールが面積足りないのは何故?
全体的にかなりこだわって作ったので
自分でも納得の出来でした。
周りの反応も上々でした。
こちらはタメオの1/43の248です。
スタジオに比べるとかなり楽でした。
ほとんど素組み。
色は1/20の時とほとんど同じ。
ヒロのカーボンデカール使ったの
だがイマイチでした。
1/43には合わないか?
というか色がグレー過ぎる…。
完成画像。
爪楊枝と比較すれば
その大きさが判ると思います。
2007年8月頃完成。
もとのキットはサンマリノGP仕様ですが
なぜかマルボロ付いてるという…。
同じく1/43のFXXと2台セットにて販売しました。
FXXは当然、シューマッハ仕様の#30です。
M.シューマッハ メモリアル的なアイテム
として狙いました。
それでこちらが1/43 FXX。
BBRのキットを使用しています。
ウィンドウ着けるのに苦労した…。
あとリヤスポイラーも。
デカールはバラッカの限定商品か
何かのヤツだったかな。
これも2007年8月頃完成。
タメオの1/43 ロータス・ルノー97T。
85年のポルトガルGP仕様。
A.セナの初優勝マシン。
レインタイヤ仕様。
Zモデルのトランスキットを使用しています。
古いキットだったので少し組みにくかったかも。
2007年7月頃完成。

戻る

その5へ

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー