携帯写真館
その5
2006〜2007ホンダF1編

スタジオ27の1/20 RA106です。
一応、第3期初優勝のハンガリーGP仕様。
なのでラッキーストライクロゴは無し。
これもなかなかの出来でした。
乾燥中のボディ。
このときはフロントノーズの形が
イメージと違ったので
少し整形しています。
あとはインダクションポッド深彫りや
チムニー開口、エキゾーストパイプを
真鍮パイプにしたり
金属製パーツ多用したりしてます。
この頃になると1/20のF1レジンキットの
スタンダードが自分の中で
出来上がってきてました。
これ以降の作品は
品質が結構安定してるかな。
まだ、このときはラッカー系の
クリアー使ってます。
リヤウィングが無い画像しか残っていないという。
完成画像撮り忘れました。
一応、ハンガリー仕様といったけど
たぶん、チムニーの開口部の面積が違うと思う。
スタート時に雨だったこともあり
結構塞いだあったはず。
この年まではホンダもまともな成績残してたのに…
2007年以降の散々な成績には
目を覆いたくなりますなぁ…。
何やってんだろうねぇ…。
2007年6月頃完成。
今度はRA107の初期バージョン。
まだ仮組み中の画像。
黒くなりました。
デカール貼り中。
2枚使って何とか綺麗に出来るかな?
といったところです。
絶対に1枚じゃ無理。
クリアー塗装後、乾燥中。
組み立て中。
カラーリングは結構印象的で
人気はあったのだが…。
成績はグダグダ…。
終いにゃ言い訳と負け惜しみ
ばかりだったな…。
完成画像。
画質悪っ!!
成績の悪さの割にはカラーリングで
結構な反響がありました。
リヤウィングとリヤカウルの接続部分を
綺麗に組むのは無理…。
今度は同じRA107でも後期仕様型。
日本GPのスペシャルカラーリングで
コクピット前方に日本列島が描かれてます。
これもデカール2枚使用です。
初期型のキットとは
デカールの色合いが少し変わってます
これのほうが実車のイメージに近いと思います。
デカール綺麗に貼るだけで3日くらい掛かった…。
以下は完成画像。
フロントウイングの3枚エレメントは
綺麗に組むの難しかった。
フロントノーズの位置が低いのか
フロントウイングの位置が実車と比べて
明らかに低い…。
ノーズのステーは実車のイメージより
短いくらいなのでやっぱ
ノーズが低いんだろうなぁ。
これが見所のひとつ日本列島です。
マシン全体に書かれている文字が
目立ち過ぎるのがこのキットの
唯一の難点…。
もう少し白を抑えてくれたほうが
良かったとは思う。
チムニー、廃熱ルーバーは開口してあります。
エキゾーストも真鍮パイプに変更。
とにかく徹底的にカーボンパターンに
拘ってます。
この部分を綺麗に組むのはかなり難しい。
もう少し設計を考えてほしい…。
正面から。
クオリティはかなり高かったと思う。
かなり好評でした。
タイヤはレインタイヤです。
出来れば後期型の
通常使用のデカールも作って欲しかった…。
2008年7月完成。

戻る

その6へ

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー